Menu

  1. Top
  2. 製品情報
  3. 便秘について

便秘について

ミルマグ

便秘について

常々便秘がちの方は、便秘を予防するために様々なことに気をつけていらっしゃると思いますが、便秘にいろいろなタイプがあり、また、便秘薬にもいろいろな種類のものがあることをご存じでしょうか。このページでは便秘に関するタイプや便秘薬の種類による作用のシステムの違いについてご説明します。末尾に、よくご存じとは思いますが、便秘を予防するための豆知識を少々記載しました。皆様のお役に立てれば幸いです。

便秘の種類

便秘のタイプには、大きく分けて”急性便秘”と”慢性便秘”があります。

急性便秘

通常はスムーズにお通じがあるのですが、突然おなかが張って便が出ないなどの時を指し、一過性単純性便秘と病気が原因で発生する器質性便秘があります。一過性単純性便秘は、食事の量が少なかったり、環境の変化や精神的ストレスなどにより一時的な便秘です。例えば、旅行をすると、生活環境が変わるため便秘を経験された方があるのではないでしょうか。一方、器質性便秘は腸捻転や腸閉塞などの病気が原因で起こるため、激しい腹痛や嘔吐を伴うことがあるので、急いで医療機関を受診する必要があります。

慢性便秘

慢性便秘も何らかの原因で腸の機能が低下したことにより発生する「機能性便秘」と病気が原因となり発生する「器質性便秘」に分類されます。「機能性便秘」は便秘の中ではよく見られるもので、下記3つのタイプがあります。

  1. 1)けいれん性便秘

    ストレスなどにより自律神経が乱れ、腸がけいれんし便通が悪くなり、コロコロした固い便になります。

  2. 2)弛緩(しかん)性便秘

    腹筋、大腸の筋肉が緩んで便を押し出す腸のぜん動運動が低下し、便の水分が吸収され固くなります。

  3. 3)直腸性便秘

    便意が起きても排便を我慢する習慣により、直腸からの反射が鈍り便意が起きなくなります。

機能性便秘のどのタイプの便も体内に留まっている時間が長ければ長いほど、特に肛門に近づくほど便が固くなってしまいがちです。

便秘薬の種類

便秘薬の種類は大きく分類して腸を直接刺激してお通じを促す「刺激性下剤」と薬物が便に水分を与えてふやかし、かさを増すことによってお通じを促したり、薬物自身が膨潤することによってお通じを促すなど、腸を直接刺激するのではなく、二次的に、間接的にお通じを促すタイプの「機械性下剤」があります。

機械性下剤には下記のような種類のものがあります。

  1. 1)塩類下剤

    • 腸内の水分量を増加させて、便のかさを増やして排便を促します。
    • 習慣性が少ないので、長期間の使用が可能です。

  2. 2)膨張性下剤

    • 消化管内で水分を吸収してふくれることで、便の体積を増やして排便を促します。
    • 長期間の使用が可能です。

  3. 3)浸潤性下剤

    • 界面活性作用で、水分で便をやわらかくして、排便を促します。
    • 副作用や習慣性は少ないですが、排便作用が穏やかです。

  4. 4)糖類下剤

    • 糖類が2つ結合した二糖類。大腸に達し、腸内の水分を増やし、腸内分解で発生した有機酸によって排便を促します。

便秘の予防に関する豆知識

  • 朝一番に冷たい水を飲む
  • 朝ご飯をしっかり食べる
  • 朝ご飯のあとにトイレタイムをとる
  • 便意をがまんしない
  • 水分をとる
  • 海草やこんにゃくなどの食物を摂る
  • 適度に運動する
  • ストレスを発散する(笑う)
  • 早寝早起き、規則正しい生活
  • ぬるめのお風呂でリラックスタイム!